アントニーテイラー

<ウェブサイト名>

<現在の時刻>

出典: 標準

JP EN アクセス お問い合わせ 検索 メニュー 図書館 図書館 TOP 書籍を探す 蔵書検索 こちらから蔵書を検索いただけます 新着図書 新たに図書館で受け入れた資料を紹介します 江戸の図書(古典籍) 所蔵している「食」に関する江戸時代の蔵書を検索・閲覧いただけます 提携図書館 複数の図書館と図書の貸出しの連携をおこなっています 食の文化ライブラリー ご利用ガイド 食の文化ライブラリーのご利用方法を紹介します アクセス 食の文化ライブラリーのアクセス情報です 開館スケジュール 食の文化ライブラリーの開館スケジュールです 3Dバーチャルツアー 館内をバーチャルで見学できます 食文化展示室 ご利用案内 食文化展示室を紹介します これまでの企画展示 過去の企画展示を紹介します 3Dバーチャルツアー 展示室内をバーチャルで見学できます 貴重書 明治から昭和30年代の「雑誌」 明治から昭和30年代の「食」に関する雑誌の紹介です 料理の友 当時の中流家庭の女性を対象にした雑誌です 食道楽 食通的な情報が載っているグルメ雑誌です 明治から昭和30年代の「書籍」 明治から昭和30年代の「食」に関する書籍一覧です 刊行物・コレクション 刊行物・コレクション TOP 刊行書籍 食の文化フォーラム 当財団が運営する研究討論会の記録本です 食文化誌『vesta』 バックナンバー vestaのバックナンバーを掲載しています 掲載記事 vesta掲載の過去の記事を一部紹介します 『vesta』掲載おすすめの一冊 vestaでは食にまつわる文献を紹介しています ビジュアルコンテンツ 映像アーカイブス 食文化を楽しく学べる動画を紹介しています みるvesta 特集のエッセンスと読みどころの紹介映像を掲載しています シンポジウム・公開講座 実施したシンポジウムや公開講座の映像を掲載しています 人類学者:石毛直道アーカイブス 食文化研究のパイオニア、石毛直道氏の研究アーカイブスを紹介します 錦絵ギャラリー 食文化に関わる錦絵を掲載しています コラム 大食軒酩酊の食文化 食文化研究のパイオニア、石毛直道氏による食文化誌『vesta』への寄稿記事です 食文化の探求 浮世絵に描かれた食模様を通して江戸の食文化を探求する記事「食でひもとく浮世絵の楽しみ」です シンポジウム・講座 シンポジウム・講座 TOP 公開シンポジウム 幅広い方に食文化への理解を深めていただくために、シンポジウムを開催しています 公開講座 食に関連した旬のテーマや社会的関心の高いテーマを選び、その分野の専門家を講師に招いた公開講座を開催しています 食文化入門講座 食文化に関心をお持ちいただきたい若者層を対象に、講義・ディスカッション・実習などを含んだ授業を行います 食の文化フォーラム 研究助成 研究助成 TOP 募集 これまでの研究助成 よくあるご質問 財団について 財団について TOP 事業のご紹介 理事長ごあいさつ 基本情報・アクセス 沿革 法人情報 プレスリリース 会員限定サイト 会員限定サイト TOP メルマガ会員サイト メルマガ登録 メルマガ会員情報確認 メルマガ会員よくあるご質問 フォーラム会員サイト お問い合わせ 会員限定サイト 蔵書検索 トップ 刊行物・コレクション コラム 大食軒酩酊の食文化 日振島のサツマ サソリを食う ♯酒 サソリ ゲテモノ vesta86号掲載 ベトナムのハノイ国際空港の売店で買った酒。コブラがサソリの尾をくわえている。 泥土のスープ、フグの卵巣の糠漬け、臭豆腐、ラクダのコブの炒め物、30年物のサンマのナレズシ......、世界の珍食、奇食を供する屋台「大食軒」が開店した。料理人の白衣に身をかためた酩酊先生が屋台の亭主で、常連客には「爆笑問題」の田中裕二、太田光がいる。ただし営業時間は30分間だけ。 ごらんになった読者もいるであろう。NHK総合テレビの「爆笑問題のニッポンの教養」に出演して、屋台の主人役の酩酊が、奇妙な食べ物をつぎつぎと爆笑問題に食べさせては講釈をしたときのことである。   中国のサソリを姿のまま素揚げにしたものを皿にのせてだすと、グロテスクな形態におじけづいて、爆笑問題の2人は手をだそうとはしない。そこで、わたしが1匹つまんで「おいしいもんだよ」と食べてみせた。甲羅(こうら)を噛みきる、カリカリという音がマイクにつたわる。サソリの肉はすくないので、1匹まるごと、かじって食べるのが定法である。香ばしく、エビやカニに似た味がする。ただし、堅い甲羅がかみ切れる丈夫な歯の持ち主でないと、お勧めできない食品である。 サソリは猛毒の動物として恐れられているが、実物をみた人はすくないはずである。日本では沖縄と小笠原の島々に生息するだけである。世界には約600種のサソリがいるが、人間が刺されたら死ぬような猛毒をもつのは数種にすぎない。 わたしの知るかぎりでは、サソリを食べるのは中国とインドシナ半島である。中国では食用にするためにキョクトウサソリの養殖をおこなっている。食べるためには、サソリを絶食させてから、塩水に漬けて腹の内容物を吐かせ、尾の先端の毒針を取り去ってから、料理をする。 中国語の料理大事典をはぐると、12種類のサソリ料理のレシピが載っていた。いずれも姿のまま空揚げにしてから、他の材料とあわせて料理をする方法である。切りきざんで、サソリの姿がわからないようにしたら、ありがたみがなくなってしまうからだろう。姿のまま油で空揚げにして、塩をふって食べるのが、普通の食べ方である。 サソリをよく食べるのは、山東省と旧満州の遼寧省あたりである。旧満州には山東料理の影響がつよいことに関係をもつことであろうか。清末には、高級料理の満漢全席の献立にサソリ料理がとりいれたという。山東省の斉南(チーナン)や遼寧省の上等なレストランでは、注文したらサソリ料理が食べられるし、露店でも空揚げを売っている。   漢方医学では、全蠍(ぜんかつ)といって、サソリをまるのままゆでたり、煎ってから粉末にしたものを服用すると、破傷風、ひきつけ、筋肉痛、頭痛、中風の後遺症の治療などに効果があるとされる。「毒をもって毒を制す」ということであろう。 中国で、人びとがサソリを食べている光景に何度か遭遇した。病気治しのためのではなく、健康そうな人がサソリを食べていた。ゲテモノ食いをする人の深層心理には、普通の人と自分はちがうのだということを誇示する自己主張がある。それにあわせて、薬酒にするときは、蒸留酒にサソリを姿のままいれるのが定法である。サソリの酒漬けをながめながら飲むと、こんな恐ろしい姿をしたものの力が、自分に乗り移るのだということが実感できる。 サソリ酒は、中国、インドシナ半島では精力増強、需要強壮の薬効をもつとされている。わたしは飲んだことがないが、ベルギーにもサソリ入りのウオッカがあるそうだ。 「蛇蠍(だかつ)のごとくきらう」というように、ヘビやサソリは不気味な存在とされている。ところが、ヘビとサソリを漬けた酒がある。写真はベトナムのハノイ国際空港の売店で買った酒であるが、コブラがサソリの尾をくわえている。どうやって、頭部が幅広いコブラを、ビンのなかに収納したのか、おわかりですか?  大食軒酩酊の食文化 コラム一覧へ戻る 他のコラムをキーワードから探す コラム「大食軒酩酊の食文化」「vesta掲載記事」「食文化の探求」の全コンテンツより、キーワードに該当するコラムを表示します。 関連コンテンツ 人類学者:石毛直道アーカイブス 食文化研究の第一人者石毛直道氏が世界各国を調査した際の記録画像等を解説とともにご紹介します。 『vesta』掲載おすすめの一冊 『vesta』では食文化の研究にまつわる文献を紹介しています。 図書館 図書館 TOP 書籍を探す 蔵書検索 新着図書 江戸の図書(古典籍) 食の文化ライブラリー 食文化展示室 貴重書 刊行物・コレクション 刊行物・コレクション TOP 刊行書籍 ビジュアルコンテンツ 映像アーカイブス 人類学者:石毛直道アーカイブス 錦絵ギャラリー コラム シンポジウム・講座 シンポジウム・講座 TOP 公開シンポジウム 公開講座 食文化入門講座 食の文化フォーラム 食の文化フォーラム TOP フォーラム会員サイト 研究助成 研究助成 TOP 募集 これまでの研究助成 よくあるご質問 財団について 財団について TOP 事業のご紹介 理事長ごあいさつ 基本情報・アクセス 沿革 法人情報 プレスリリース 会員限定サイト 会員限定サイト TOP メルマガ会員サイト メルマガ登録 メルマガ会員情報確認 メルマガ会員よくあるご質問 フォーラム会員サイト お問い合わせ 公式Facebook 公式Instagram 公式YouTube JP EN お問い合わせ ウェブサイト利用規約 プライバシーポリシー サイトマップ Copyright (C)Ajinomoto Foundation For Dietary Culture All rights reserved.

シュガーラッシュカジノ アルアラビ リシャール・ガスケ 臨場感あるライブカジノをオンラインで!
Copyright ©アントニーテイラー The Paper All rights reserved.